demonsystem 0-7

 手応えゼロ。なのに魔物は消えた。
 エイセの剣が当たるか当たらないかのタイミングで消えた。
 おかしい、魔物が異世界の住人だからと言っても幻影ではない。手応えがなく消えるなんてことはありえないのだ。

 でも、まぁ、いなくなったんだからいいか。

 エイセは結局そう思い直し、女の方を見た。女はエイセと距離を取ったまま。明らかに警戒しているっぽい。
 ……。
 でも、ま、ほら。魔物は消えたし結果オーライ結果オーライ。エイセはようやっと用意していたセリフを女に向かって言った。
「大丈夫だったか?」
 女に感謝されて、一緒に街まで(略)ウハウハだ計画の二歩目を踏み出そうとしたエイセだったが、
「まだ危険じゃないかしら?」
 呆れたような顔をして女はそう返した。……あれ?
 女は続けて言った。
「まだ、狼が一匹いるもの。それも、おそらく“未経験の”」
「そうか?」
 言われて、エイセは辺りをキョロキョロと見回した。周りにはそんな気配は無い……と思う。
「あー、ごめん。“バカ”もつくみたいね」
 呆れを通り越し、苦笑交じりの顔になって女は言葉を続けた。今度は解るようにエイセのことをじっと見ながら。
「?」
 エイセ、まだ解らない。
「そこまでいくと、ある意味素敵ね。……いいわよ。何から聞きたい?私をどうしたい?“初心者”ナンパ師さん」
 ここまで言われれば解るだろうと思ったがエイセの思考は「素敵ね」の一言で止まってしまったらしい。エイセは出来る限りの格好つけで女に言った。
「こんなところに君みたいな……」
「シズカよ」
 言葉の腰を折るように、シズカは自分の名前を教えた。
「あー、シズカ」
「何かしら?」
「とにかく、こんなところに女性が一人でいるのは危ないだろ?だから、俺が安全な所まで……」
「どこまで行けば安全か解ってるの?」
「ま、街……」
「このへんに大きな街なんて無いわよ?」
「……」
「あっきれた……」
 シズカは苦笑する。
「カッコつけるんだったら、もうちょっと準備しておくのね。どーせ、私が盗賊とやり合ってるの見つけて、恩でも売って街まで送らせて、ついでに食べちゃおうなんて思ったんだろうけど」
 あまりに図星でエイセは何も言葉を返せなかった。

つづく

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「四月のお馬鹿」

 ここの所、
 なんだか色々立て込んじゃって、色々やってたらこっちに書き込む余裕なんて全然無くなっちゃってて。
 何か書かないとなぁ、なんて思ってたのだけど、書いてたら疲れてるからネガティブなものばっかりになっちゃって。
 そういうのを生業にしている人たちって凄いなぁ、って純粋に思っています。

 4月がどうなるか判らないけれど、
 落ち着いてきたらまたゆっくりとだけど歩き始めようと思います。

 上手く出来るかどうか判らないけど。
 とりあえずそれまでは、そっとおやすみ。


 嘘ついて良い日にあえて本当の話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«demonsystem 0-7